読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、ねこさとろぐ(別館です)

彩の國の理学療法士。常々思っていること、お気に入りの物だけを広めていきたい。ガジェットやロードバイク好き、カメラはSONYのα6000 ilce-6000Yを使っています

「Kindle Paperwhite」にもカバーは必要な理由

スポンサーリンク
 あとで読む

こんにちは、ねこさとです!

 

最近では、Kindle unlimitedのサービスも始まり電子書籍も賑わっているような印象。

Kindle Paperwhiteを購入し、使い倒してみたので思ったことでも書いてみようかと思います。

 Kindleといえどカバーは必要

ほかのスマホやタブレット端末と同様にカバーは必要だと思う。

ぼくの観測内ではあるが、ネット検索でもKindleのカバーを購入を迷っている方は多いように思えます

【迷っている理由】
  • Kindle端末が安価だからカバーは必要ない
  • Kindle端末に高級感がない
  • すぐに読書がしたい

 

などなど。

きっと、安価で手に入るため高級感がなく、心理的にカバーはなくてもいいやって思ってしまうんでしょう。

 

ぼくも、そんな感じでカバー無しで、しばらくの間使っていました。

裸で使っていると

f:id:ptskunx:20160725211916j:plain

ご覧のとおり、フレームはマットな感じになっている。

マットな質感にはなっているが、指紋がつきやすく、拭きとっても落ちにくい。

使っていて、1番そこが気になりました。

 

カバンに入れて持ち運びをしていると、液晶にもホコリなども付いたりします。

読書をする度にホコリを払ってう手間も時間も勿体ない。

 

他にも何かの衝撃で液晶に傷が付いてしまったり、運が悪ければ破損する可能性だってあります。

 

その最悪の場合を回避するべく「カバー」を購入しました。

購入したカバー

f:id:ptskunx:20160806054232j:plain

Kindleカバーもいろいろあるんですが、安くて良い商品を探していたらこの商品にいきつきました。

Amazonレビューも良かったので、この商品の購入を決めました。

選んだ色は、ネイビー!

実際に装着してみる 

f:id:ptskunx:20160806054249j:plain

 

値段がお安いので、レザーの質感が心配だったけど、そこまで安っぽさは感じなかった。

 

手触りもよくて、手に馴染みやすい。

 

f:id:ptskunx:20160806054301j:plain

 

カバーを開けるとこんな感じになります。

内側はマイクロファイバーを使用しているので、画面にも安心です。

右端の突起物にマグネットが入っているので、閉めるときちんと閉じてくれます。

フタがパタパタ暴れることもないので、持ち運びに便利です!

 

フタを閉じると、自動的にKindleをスリープ状態にしてくれるので、電源の操作を省くことができます。

開けると自動で起動してくれます。

 

開けたらすぐ読めるって、まさに「紙の本」のような感覚で使えます。

 

スリープの状態になっても、バッテリーの減りが早いなって感じることはないです。

Kindle自体のバッテリーがいいので、そこは心配いりません。

デメリットとしては

本体の電源ボタンで完全に「OFF」状態にしても、開閉する度にスリープ状態になってしまうので、電源を完全にOFFにしたい人にとっては煩わしい機能なのかもしれない。

 さいごに

値段の割には、チープさもなくしっかりしている商品です。

 

個人的には、Kindleを裸で使うよりオシャレ度が増しているので気に入っています。

本を読むのにオシャレは関係ないかもしれないですが、一応持ち物なので気に入った物を持ちたいなって思っています。

 

薄いカバーなので、Kindle以上にサイズが大きくなることもなく持ち運ぶ際にも気になりません。

 

Kindleも傷から守れるので、コスパ的にもオススメの商品です!

Kindle unlimitedも始まったので、これから読書ライフが楽しくなりそうです!

 

▼カバーの購入はこちら▼

▼Kindle Paperwhiteの購入はこちら▼

 

 

おすすめ記事