読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、ねこさとろぐ(別館です)

彩の國の理学療法士。常々思っていること、お気に入りの物だけを広めていきたい。ガジェットやロードバイク好き、カメラはSONYのα6000 ilce-6000Yを使っています

人の目が気になるから「note」に書いてしまうんだろうか

スポンサーリンク
 あとで読む

f:id:ptskunx:20170202125016j:plain

人はなぜnoteに記事を書くのかと思った。

 

はてなブログやlivedoorブログをやっている程、noteに書いているよう印象を受けます。

 

 

内容は、手持ちのブログでも書いたらいいなじゃないのかってぐらいの内容。

 

せっかくブログがあるのに…w

 

ここ最近では、収益の報告として使っている人もチラホラ見かけるようになりましたね。

これは有名なブログを持っている人ほどnoteで書いている方は多いかなぁ。

 

やっぱり有名になると人の目が気になってしまうんだろうか。

 

人はやっぱり自慢したい

自慢したいと言うと、ちょっと語弊があるかもしれないけど、やっぱり思っていることは、口にだしたり文字に出したりと表出がしたいんだなぁって感じる。

 

実際に、ぼくこうやって思ったことを好きに書いているので、気持ちは同じようなことだけど。

noteで書くか、手持ちのブログで書くかってことの違いだけですが…

 

有名になると人の目が気になる

有名にならなくても、やっぱり人の目は気になってしまうもの。

自分の表出したことに対して、全ての人が肯定の意見ではないので、反発した意見もたくさんあると思う。

 

逆に全ての人の意見が肯定的だったら、個人のブログってなんの面白みもないと思うんだぁ。

 

ぼくは、いろいろな意見が読めるブログを楽しみにしているし、好きなことを書いてコメントを貰えるのが楽しい。

 

ちょっと話が逸れてしまったけど、人は自分の意見を言いたいから人の目の少ないnoteっていうプラットフォームに思っていることを書きたいんじゃないのかな。

 

noteはお金を払わないと読めなくする機能も付いているので、完全にクローズドにすることも出来る閉鎖的な空間。

 

noteに書く目的は、書きたいからだけでなく、収益源であるブログを炎上から守っている人もたくさんいると思うけど。

 

さいごに

最近noteに書いている人たくさんいるので、ちょっと思った次第です。

 

ぼくは楽しく読ませて貰っているので文句はないけど、人はやっぱり自分の思ったことを言いたいんだなぁて

 

自分が感じたことが書けるブログがあってよかった。