読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、ねこさとろぐ(別館です)

彩の國の理学療法士。常々思っていること、お気に入りの物だけを広めていきたい。ガジェットやロードバイク好き、カメラはSONYのα6000 ilce-6000Yを使っています

【感想】ブログはどこまでいっても日記なんだと思う「ブログにためになることなんて書かなくていい」を読んでみた

LIFE LIFE-日々の思想 書籍 書籍-人文・思想
スポンサーリンク
 あとで読む

こんにちは、ねこさとです!

「ブログ」を書いていると、なんのために書いているのか分からなくなってしまうことってありませんか?

アフィリエイトとか収益目的でやっている方は明確な目標があると思うし、きっと「軸」がしっかりしてると思う。

 

そういう方たちは、きっと迷わずに突っ走ることができるんだろうなって。

ぼくも、ブログを始めた動機としては、書いて収益あったら良いななぁって程度で始めてみた。

でも、書き続けているうちに動機が不十分なのか迷いが生じてきた。

 

「ブログにためになることなんて書かなくていい 」って書籍を読んで感じたことがあったので、書いてみようかなって思います。

そもそもそもブログってなんだろう

収益目的でやろうって人は一部の人のように感じる。

一般的には、今日あったことや思ったことなどを書き留める場所として認識している方が大半だと思う。

 

コトバンクでは、

 ウェブログ(Weblog)の略で、自分の意見や感想を日記風に記して、それに対する感想などを閲覧者が自由にコメントできる形式のWebサイトのこと。ブログを作成する人のことをブロガーと呼ぶ。

-コトバンクより抜粋

 と、記載されている通り、やはり日記なんだな。

ブログを始める動機って必要なのか

始める動機なんてさまざま。

収益目的の方もいれば、ただの日記でもあるし、情報交換の場として使っている方もいるだろう。

動機なんて人それぞれだし、ブログを始めるって意味では必ずしも確固たる「動機」は必要じゃないかもしれない。

 

ゆるく「やってみようかな」って感じで始めるのもいいかも。

ブログはためになることを書かないといけないのか

もちろん収益目的の方は、ためになることを書かないといけない。

 

自分の利益にならない、ただの人の日記を読む人は少ないと思う。

有名人ならまだしも、無名の人の日記を読む人は少ないな感じる。

 

そうは言っても、無名の方でも「感銘」を受ける文章なら読んでみたいなって気持ちにもなる。

少なからずぼくもそういう人はいるし、他の人もそう思っている人はいると思う。

ブログはどんなことを書いたらいいのか

よく聞くのは「書きたいこと書く」

この著書でも書きたいことを書こうよ!って言っているし、書きたいことを書けばいいんだと思う。

それこそ、日記であっても。

仕事ではないので、書きたくないことを書いても面白くもなんともないし。

 

プライベートの時間ぐらい、自分に正直になって思いの丈をブログに綴ることもいいかもしれないですね。

書くことによって自分自身を省みるきっかけにもなる。

あとで、読み返しても「あのときこうも思っていたな」って成長の記録としても残せるしいい思い出。

さいごに

ブログをやってみて思うことは、ブログは「日記」なんだなって感じる。

レビュー記事に関しても、「その時」思ったことを綴っているわけだから、広義では日記なんだと思う。

まぁ、こればかりは認識の問題なんだろうけど。

 

ブログを書くネタとかに困っている方は、考え方を変えて、日記を書いているんだって思えばネタには困らないんじゃないかな?

 

毎日書こうとは思わないで、書きたいときに書くってスタンスでいいと思う。