読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、ねこさとろぐ(別館です)

彩の國の理学療法士。常々思っていること、お気に入りの物だけを広めていきたい。ガジェットやロードバイク好き、カメラはSONYのα6000 ilce-6000Yを使っています

少年ジャンプで「ちょいエロ」マンガ5選

書籍 書籍-漫画
スポンサーリンク
 あとで読む

こんにちは、ねこさとです!

 

ちょっと、小学生や中学生って楽しかったなーって物思いにふけていました。

そこで、ふと思い出したのが、「少年」ジャンプとかを読んでいて、ちょっと刺激的な漫画とかあったなぁと。

 

今思えば、そこまで刺激的ではないとは思うけど、あの頃は思春期真っ盛りで、いろいろ興味があったんでしょうねw

なんてことを言うと、おっさん臭くなってしまうなw

(実際おっさんですが)

 

思い出しなが、挙げてみようかな。

 

 

 

I''s(アイズ)

f:id:ptskunx:20160407092145j:plain

連載誌は週刊少年ジャンプ。

もうこれは有名すぎて知らない人はいないんではないでしょうか!

恋愛漫画だけど、ところどころで刺激的な内容を入れてくるのが、当時はほんとに興味津々で読んでいました。

f:id:ptskunx:20160407093650j:plain

個人的には伊織ちゃんより、いつきちゃんの方がキャラクター的に好みでした。
伊織ちゃんの清楚な女性もいいですが、やんちゃな積極的な女性もいいですよねw

 

I"s - Wikipedia

 

りりむキッス 

りりむキッス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

りりむキッス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 もう昔すぎてなのか、画像検索していても良い感じなのが出てこない

こちらも、ラブコメ漫画になっている

当時のぼくには刺激的で毎週楽しみにしていたのを覚えています。

キスをして男の生気を吸い取る美女の悪魔が現れるんですよ!

f:id:ptskunx:20160407095647j:plain
こんな、コスチュームで美女となると興味でないわけがないですよね!w
きっと男ならw

 

りりむキッス - Wikipedia

 

いちご100%

いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 りりむキッスと同じ作者が描いているだけあって、キャラクターは似ていますね。

りりむキッスの連載は短かったけど、この漫画は長く連載していた記憶があります。

アニメ化もしているしやっぱり、美少女系は人気なんですね!

f:id:ptskunx:20160407101313j:plain

ぼくは、何故かヒロインよりライバル的な女子に惹かれる傾向があるようです

 

いちご100% - Wikipedia

 

 To LOVEる

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 現在だと、To LOVEるが人気なんですかね!

あまり読んではいないけど、アニメ化もされて騒いでいたように思います

 

f:id:ptskunx:20160407104649j:plain

画像検索をしただけで、これ「少年」ジャップに連載してもいい内容なのかなってのがあちらほらw

おじさん、ちょっと興味が湧いてきましたよw

 

To LOVEる -とらぶる- - Wikipedia

 

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)

 

意外とジョジョって刺激的なシーンってあるように感じます

サービスシーンっていうんですかw

ジャンプで連載していた時に、ジョジョの内容も知らずにサービスシーンだけを追いかけて読んでいたことを覚えていますw

案の定、途中で読むのやめてしまったけど w

 

f:id:ptskunx:20160407103735j:plain

 

 f:id:ptskunx:20160407103807j:plain

今思うと、このペンタッチで微妙な感じではあるけど、当時のぼくは全てが刺激的だったんでしょうねw

 

ストーンオーシャン - Wikipedia

 

まとめ

調べたらもう少しあったけど、印象的だったのはこの作品ですねー

(今回はジャンプにフォーカスしてみました)

やっぱり多感な時期ってすごいなーってのが感想ですw

 

いつの時代も、刺激的な描写は不滅ですな!

 

To LOVEるは読んでみる!

 

こんな感じっ