読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ、ねこさとろぐ(別館です)

彩の國の理学療法士。常々思っていること、お気に入りの物だけを広めていきたい。ガジェットやロードバイク好き、カメラはSONYのα6000 ilce-6000Yを使っています

「起震車」で東日本大震災の震度7を体験してきた。怖さで身動きが取れない

スポンサーリンク
 あとで読む

こんにちは、ねこさとです!

最近では熊本に震災があってほんとに日本って地震が多い国だなって思います。
5年前では東日本大震災があって、大変な思いをしたのを覚えています。
ぼくが住んでいる地域は埼玉で、東北みたいに直接的な被害は受けてはいないのですが、計画停電とかあったりしてライフラインで不便な思いをしました。

そんなこんなで、最近は地震も多いってことで、職場の病院で起震車を使って地震の体験させて頂いた。

起震車

起震車って知っていますか?
良くテレビとかで見ていると思うんだけど、地震体験しますって機械です。
それが車に搭載されているんです。こんな感じの車!

f:id:ptskunx:20160601222314j:plain
(出典: 地震体験してみませんか? | きずな日記

流石に業務中に写真を取ることが難しかったのでネット上からお借りしてきた。
中央には、4人掛けのテーブル椅子が設置されてあった。
座って前方と奥にモニターがあって、家具とか表示されていました。
車のお尻の部分には、震度の調整するいろいろなスイッチがあって、消防員の方がいじっていましたね。

これだけの物が、車1台に搭載されていると思うと、現代の文明ってすごいんだなって思わされます。しかも車なので移動できちゃうって素晴らしい。

震度7、マグニチュード7.9

f:id:ptskunx:20160602062353p:plain

東日本大震災であった地震の震度とマグニチュードだそう。
ぼくは、これまで生きていて最高でも震度5しか体験したことないです。
その震度5も東日本大震災で起きた地震だったんだけど、結構大きかったのを覚えています。積んでいたCDとかも倒れぐちゃぐちゃになってしまって、ガスも止まってしまい大変でした。
それ以上に、東北は大変だったと思うんですが…

起震車では

東日本を襲った、震度7を体験させていただきました。
最初は、震度5からで徐々にアップし、最終的には震度7となるかたち。

いざ、体験するために車に設置してあるテーブル椅子の方に移動して座った。
アナウスと共に、秒読みが始まります。
まさに映画が始まるような感じです。待っている間はジェットコースターに乗るときみたいな緊張に襲われました。
ぼくは絶叫系のアトラクションは苦手なので、ほんとに緊張しましたね。
地震は直下型地震のように急にきます。
徐々に震度がアップしていき、横揺れが続きます。
震度5の時点で揺れがすごいので、椅子から転げ落ちないようにと、テーブルにしがみついているのが精一杯です。
震度7になると、更に揺れが強くなっていくので、振り落とされないようにと近くに設置してある安全バーにしがみつきます。もうこの時点では立つことは難しいです。

防災訓練では地震が来たら、テーブルの下とかに隠れましょうね。って言われてきたけど、実際に地震がくると身動きが取れなくなると思う。
震度が大きければ大きい程、自分が転ばないようにと身構えてしまうので、その場に縮こまってしまう。更には恐怖も加わり身動きが取れなくなってしまう。

実際に起きるとどうなってしまうのか

これが実際のリアルで起きている訳ですから、震災が起きた現地の方たちは想像絶する恐怖感に襲われたと思います。
しかも津波もきたりしてパニック状態になったと思う。
正直な話し、リアルでこの規模の地震に襲われたら慌てずに行動することが出来ないと感じました。お昼とか明るい時間帯ならまだ気持ち的に落ち着いているとは思うが、これが夜だったら、きっと正常な状態では対応できない。
まずはベッドから起きれるかが心配だな…
地震だって気づくかな?そんなレベルです。
流石に大きい地震だと気づきますかね。

YouTubeにシチュエーションは違うけど、起震車で震度7の動画があったのでこれを見るとどんなものかイメージがつきやすいと思いますので参考までに。

防災訓練起震車で震度7を体験. - YouTube

疑似体験は必要

テレビとかでは防災グッズは揃えておきましょう。って口をすっぱく言ってます。
防災グッズを揃えることも大切だけど、擬似体験をしておくのも大切なことだなって感じました。
ぼく自身も、実際に起きたら対応できるかな?心配だな…とか感じることができたし、何より身を持って地震の揺れを体験できたのが一番の体験になりました。
疑似体験をしているのとしていないのとでは、実際にリアルで起きてからの行動に差がでると思う。
実際の地震の怖さを身体に覚えさせておくだけででも、少しは落ち着いて行動ができるんではないかと感じました。

ぼくはたまたま、勤務地での防災訓練の一貫として体験することが出来たのでラッキーでした。
個人で体験するとなると、調べてみたら各区市町村で起震車があれば体験できるところもあるみたいですね。
ここ最近はほんとに地震が多くなってきたので、防災グッズを揃えることや気持ちも準備しておく必要があるなってひしひしと感じております。

地震列島、日本にいる限り地震を意識しないで暮らすことは難しいですね。

あとこれは余談なのですが、女性スタッフと一緒のグループだったんだけど、どうしても胸に目がいっていまうんですよね。
地震がおきたら、よくTwitterで胸がどうのこうのって見るじゃないですか?アレですw
実際に地震の揺れで、胸も揺れるのかって見てしまうんですよね。どんな恐怖体験中でも…
こうなってくると男ってしょうもない生き物なんだなって思ってしまいましたよ。
まあ、結果は大きい胸だと揺れるってことが分かったので、検証結果は良かったです。

 

こんな感じっ